しっかりした場所を

ハウス

宅地の前はどんな場所

最近は日本でも災害が多く発生して地震や水害で自宅が壊れてしまったり、流されてしまったりするケースが増えてきました。家を建築するときにはまず家を建てる土地を探さなくてはなりません。分譲住宅を購入するのであればもうすでに宅地と家がセットになっているものを購入することになりますが、一戸建ての家を建築するときにはまず宅地探しから始めることになります。一般的には不動産屋さんに依頼して土地を探してもらいますが、自分で探し出す人もいます。理想の土地を求めて自分で探している入間市の人もいます。周りの環境などを考慮して土地選びを行っていくわけですが、土地が見つかった時に注意をしたいのがその土地が宅地になる前にどんな土地だったのかを知ることです。入間市には土地の調査をしないで家を建築してしまう人もいます。

地盤調査の重要性

地盤がもろい場所はすぐに土地が沈んでしまいます。災害が来た時に被害が出るリスクが高まってきます。理想とする宅地が見つかればまずその地番を確認して、法務局でその地番の登記簿を閲覧してみてください。そうすれば購入しようとしている場所が以前はどんな用途に使われていたかがすぐに判明します。入間市の法務局でも土地の調査をしている人がいます。近辺に池や湖などがある場合は埋め立てられている可能性もありますし、埋め立てられた場所は地震などで液状化しやすく、地盤も沈下しやすくなっています。建設する業者に地盤調査を依頼してみるのも良い方法です。最近は建設する際に地盤の調査もする業者もありますので調査を行う業者を選んで建築してもらうのも良い方法です。入間市でも家を建築する前に地盤調査から入る人もいます。